黒富士農場/ホーム
農業生産法人 黒富士農場 / 甲州山懐放牧自然卵 サイトマップお問い合わせ
農場紹介たまご村/黒富士農場直売所卵宅配メディアリンクスタッフブログ
農場紹介
自然農法
海外への取り組み
農場の四季
自然農法(BMW技術)

澄んだ空気と自然湧水、自由に動き回れる環境で飼育した鶏たち。

清潔な環境で安全な食べ物をえさとし育てる。

ひと昔、庭先でどの家でも飼われていた鶏たちは
こんな姿で暮らしていた。
人間と自然とうまく共存しながら...。


「できるだけ自然に近い環境で育てたい。
 健康な卵は元気な鶏から生まれる。
 人間生活と同じではないかな。」
   当社代表談


餌にこだわる

常に科学的にアミノ酸バランスを検証しながら餌作りをしています


1,NON-GMO PHF
90%を占める餌は、四季折々に設計された指定配合飼料です。
餌の主原料であるトウモロコシや大豆カスはNON-GMOのものを使っています。
NON-GMO = 遺伝子組換えされていない

2,お腹の中から元気にさせる発酵飼料を与えています
こだわりの餌 飼料原料も未利用資源を使って作った自社オリジナルの醗酵飼料

未利用資源の利用

鶏の健康衛生面を高めるために
アミノ酸バランスを調整した
約10数種類の生産履歴のある
海藻や米ぬか、カキガラ・クロレラ等
を加えてブレンド醗酵させたオリジナルの
発酵飼料を鶏に与えています!!

乳酸菌(腸内のPHを安定させるため)や
納豆菌(サルモネラ・コクシジウム対策のため)
も加えています。
←左上から (NON-GMOなたね油)
(NON-GMO味噌)
(沖アミ)
(国産米ぬか)
←左下から (国産カキガラ)
(ノルウェー産海草)
(NON-GMO乾燥オカラ)

醗酵飼料を作る機械です!
全7台あり一日1台手作りで
スタッフが成分調整しながら
飼料生成を行っています!

山梨大学循環工学科と共同研究中の
クロレラ培養中(醗酵飼料に添加)



リアルオーガニック卵について

黒富士農場では、3年間、無農薬・無化学肥料で有機栽培された飼料供与と厳しい基準による審査に合格した
リアルオーガニック卵』を販売しております。

現在17棟あるうちの
1棟のみしか生産コストがかかり
作れない貴重な完全オーガニック卵です!
飼料は国内認証機関が同行して確認j検査が済んだ
オーガニックのとうもろこしと大豆が
中心です。たまご自体の味はわりとシンプルですが
ニオイがなく甘味があってアレルギーのある
お子様やご自身の健康を気遣う健康志向な
方々にファンの方が多い黒富士の最高級の卵です!
現在では東京の老舗デパートの高島屋・三越様等
またフランス料理の権威であるジョエルロブション氏の
作るこだわりのアイスにも利用して頂いており
今後もさらに高品質な卵にするため飼料作りに
こだわっていきます。



BMW技術

黒富士流
森の天然資源を利用した自然循環農法

BMW=B=バクテリア M=ミネラル W=水 という意味。

農場内の湧き水

BMW技術とは土着の微生物と、自然が本体備えるミネラルの
機能を活用し嫌気発酵主体のバイオリアクターを介し鶏糞等を
活性堆肥に、汚水を活性水に転換し循環させる技術です。ひと昔前
聞こえは悪いですが畑の中には液肥状の肥溜めがありました。
豊かな作物を作るには必需品で原型はそのシステムです。
現在では全国に広がり日本だけでなく韓国をはじめとする世界でも
広がりをみせる農法です。
土着微生物による媒体をキレート活性させた生物活性水
(ミネラルを含み吸収しやすい形にした液体)にさせ
家畜や農作物に与えて成長を活性化させています。
もう少し分かりやすくいえば農業を行うその土地に住んでいる
微生物の持つ力を活性化させミネラル分を多く含んだ生物活性水
(有機的な自然由来のミネラル分を含んだ魔法の水)に転換し利用して
耕作ならその作物に、畜産なら動物に与えることによって健康で良質な
農作物を作るために行う自然農法と解釈できます。
黒富士には黒富士の他の地域ではその地域に住んでいる微生物が媒体に
なりその使い方や媒体は各農家によって様々です。

黒富士農場ではちょっと変わった使い方を構築しました。
自然との共存を大切に考え域内に自然に生息する
放線菌等を含む森のバクテリアが詰まった腐葉土に完熟堆肥を
加えたものを黒富士山系の花崗岩などのミネラル分を含んだ岩石と共に
BMプラントの浄化槽内でバイオリアクターによって
生物活性水を生成し、鶏の飲み水とし利用したり鶏舎内の衛生環境を
最善の形に保つためBM活性堆肥を敷き込んで利用しています。鶏糞は
水分を含むので嫌気発酵して害虫や匂いも発生しやすいのですが
この乾燥させたBM堆肥を敷き込むことによって森の放線菌の働きで
鶏糞を分解し匂いはなくなり害虫もほとんど出ません。
さらに鶏にとって鶏舎の床下が常に乾燥しさらさらした清潔な状態なので
羽を広げて砂浴びをして楽しんでいます!(鶏は本来綺麗好きです)
最も大きなBMの活用として飼料用のクロレラを含む藻類バイオマスの
培養液に生成した生物活性水を利用しています!クロレラの持つ健康への
効用はまだ解明段階ですが多くの健康食品に使用されていることからも
その効果は少なからず鶏の生長作用や美味しさにつながる効果があると
見込んで山梨大学と共同研究を進めながら飼料に添加しています!


以上の3つを組み合わせ自然の森の循環を手本としたBMW技術で、鶏の完熟堆肥から活性水や活性堆肥を生成し、農場内で使用することで、殺菌・抗菌剤を使用することなく悪臭等の発生を抑え、場内の環境をより良いものにしております。
また、堆肥は県内の自然農法に取り組む山梨自然塾や有機農業市民の会などに使用してもらっています。

〜「大自然のサイクルを大切にする」〜
黒富士が目指す、自然循環型農業の基本となる技術です。




ページトップへ

ホーム | 農場紹介 | たまご村 | 卵宅配 | メディア | リンク | ブログ | サイトマップ | お問合わせ